生理前症候群に劇的な治療法はあるのか?!

裸足と健康の関係

裸足と健康の関係

 

人間は本来、裸足で歩くのが良いとされています。
もちろん、昔は みんな裸足で歩いていましたし、
裸足で歩くことこそが、体にとっては “普通”であり、本来の姿なのです。
靴を履いている時より、背中やお尻の筋肉を効率的に使ってくれるので、
美脚の効果もあると言われています。
特に、体の形成に重要な 子供の時期から、なるべく裸足で遊ぶことによって、
扁平足になることも防いでくれます。
最近では、学校の校庭に芝生を取り入れ、“はだし教育”をしている学校もあり、
その結果、学力がアップしたなんて話も あります。
“裸足”で歩くことによって、“土踏まず”がきちんと発達して、
この“土踏まず”の形成が、脳にも良い影響を与えてくれるようです。
“裸足”が良い理由の ひとつに、足裏の皮膚呼吸が挙げられます。
足裏には汗腺が多く、たいへん汗を かきやすい場所なので、
靴下などで塞がずに、きちんと皮膚呼吸を させてあげることが大切なのです。
かといって、靴を履くときは 蒸れてしまうので、靴下を履いた方がよいので、
結果、裸足が一番 良いのです。

また、血液を運ぶ動脈・静脈が ちょうど折り返すところなので、大切な“ツボ”も密集しています。
その“ツボ”を刺激することによって、脳や内臓などの器官を活性化してくれるのです。
また、足が大地の凸凹などを感知することで、やはり様々な器官を刺激し、
様々な機能を活性化させたり、回復させたりします。
大地を つかむように、しっかり歩くことで、
足の指が自由に動き、筋肉が しゅうぶん使われて、健康に繋がるというわけです。
たまには靴から解放して、裸足で過ごしてみては いかがでしょうか。

関連ページ

肩甲骨を動かすと痩せる!?肩甲骨を動かして代謝アップ↑
生理前のイライラがひどい!どうしたらいいの。婦人科で処方されるピルから抗うつ剤までを徹底検証。市販の薬やサプリで月経前症候群を治すためにすべきこをも考えてみました
日光(紫外線)に隠された驚くべき健康パワー!!
生理前のイライラがひどい!どうしたらいいの。婦人科で処方されるピルから抗うつ剤までを徹底検証。市販の薬やサプリで月経前症候群を治すためにすべきこをも考えてみました