生理前症候群に劇的な治療法はあるのか?!

インナーマッスルを鍛える体操

インナーマッスルを鍛える体操

 

“インナーマッスル”を鍛えると、“痩せやすい体”になるということで、
私も普段から インナーマッスルを鍛えるようにしています。
インナーマッスルは、表だって見える筋肉ではないので、
みなさん ついつい、目に見える筋肉(例えは腹筋とか…)を鍛えがちです。
でも、インナーマッスルを鍛える方が、ダイエットの効率としては良いんです。
今回は、私が普段から やっている、“インナーマッスルを鍛える方法”を ご紹介します。

 

◆つま先・床くっつき体操◆
背すじを伸ばし 真っ直ぐ立ち、床から つま先だけ離れないように、その場で歩く。
※大股で歩くイメージで。
※左右合わせて4歩で 息を吸い込み、次の8歩で息を吐く。
※3分間やる。

 

◆足・ピンと伸ばし体操◆
背すじを伸ばし 真っ直ぐ立ち、ヒザを まったく曲げないようにして、その場で歩く。
※骨盤を真上から引っ張られるイメージで、骨盤を しっかり上に上げるのがコツ。
※左右合わせて4歩で 息を吸い込み、次の8歩で息を吐く。
※3分間やる。

 

テレビで やっていた、インナーマッスルを鍛える方法です。

 

こんなに簡単でいいの!?と思いますが、
インナーマッスルを鍛えるのには、
ゆっくりとした動き、呼吸法、ねじる などの運動などが 効果的だと言われています。
普段から、その3つの動きを意識するだけで、
インナーマッスルは どんどん鍛えられていきますよ♪
バランスボールや、フラフープなども良いですね。
私も、この体操を やり始めてから、6sくらい減りました!
皆さんも、楽して 楽しく、インナーマッスルを鍛えましょう!!!!

 

関連ページ

筋肉痛は冷やしてはダメ!?
生理前のイライラがひどい!どうしたらいいの。婦人科で処方されるピルから抗うつ剤までを徹底検証。市販の薬やサプリで月経前症候群を治すためにすべきこをも考えてみました