生理前症候群に劇的な治療法はあるのか?!

太った?安心してください、太ってませんよ!

太った?安心してください、太ってませんよ!

 

あれ?なんで?あんなにダイエット頑張っているのに!
順調に体重が落ちてると思ってたら、体重増えてる・・・
こんな不思議体験をして1〜2日後に実は生理がきた。
なーんて、経験をしている人も多いと思います。

 

実はこれ、月経前症候群の一つなんです。
どうしても月経前症候群というと、むかむかするとか、イライラが多くなると
かが思い浮かびがちですが、これも立派な月経前症候群です。

 

この体重が落ちないようにしている正体は、黄体ホルモン!
プロゲステロンと言った方がわかりやすいでしょうか?
あ!知ってる!と、女性なら誰でも聞いたことがあるホルモンの名前ですよね。
そう、だって、黄体ホルモンと卵胞ホルモン(エストロゲン)の増減によって、
月経が来てるんですから。
そして、この黄体ホルモンが体重増加に深くかかわっているんです。
この黄体ホルモンというのは卵胞が着床しやすいように、子宮内膜の環境を整
える役割があります。卵胞が育ちやすいように、栄養をどんどん蓄えていくん
です。
それまで、排出されていた水分、塩分、脂肪を卵胞を育てるために、細胞内に
どんどん蓄えていこうとするのですから、当然、それらは排出されなくなって
しまいます。
つまりこれが、体重が落ちなくなった、体重が増えたという現象につながるわ
けです。
体重増加は、個人差もありますが、500グラム〜3キログラムと言われていま
す。

私は多い方で3キログラムも増えます。
実際、3キログラム増えると、焦りますよ〜!
え?なんで?どっからきた、この3キロ!ってなります(笑)

 

しかし、身体もよくできたもので、これが妊娠には関係ない栄養や水分だとわ
かると、その蓄えは全部排出されます。つまり、生理が始まると排出され始め
るということです。
やはり、個人差がありますが、生理3日目になると体重が減少し始めます。
私の場合は、完全に生理が終わらないと体重が落ちてくれませんが。
一番先に述べましたように、これらの一連の体重の増減は、月経前症候群の一
つです。
ですから、太ったわけではありませんので、安心してください。
逆を言うと、生理が始まって体重が落ちたのを見て安心してはいけません。
痩せたわけではないんです。これを聞くと、ちょっとがっかりしますよね。
体重が、月経前症候群になる前の状態に戻っただけなのです。

 

もし、あなたがダイエット中でしたら、この月経前症候群を頭に入れて、ダイ
エットしたらいいと思いますよ。

 

関連ページ

話題沸騰!!スロー・ジョギングの やり方
生理前のイライラがひどい!どうしたらいいの。婦人科で処方されるピルから抗うつ剤までを徹底検証。市販の薬やサプリで月経前症候群を治すためにすべきこをも考えてみました
ウォーキングをすると、頭が良くなる!?
生理前のイライラがひどい!どうしたらいいの。婦人科で処方されるピルから抗うつ剤までを徹底検証。市販の薬やサプリで月経前症候群を治すためにすべきこをも考えてみました